好きなものは好き ただそれだけ

主にジャニーズWESTだけどジャニーズ全般大好き。

エビとWESTの「少年たち(2012)」で関ジャニの「ビースト‼︎」のことを思い出した件

いま、私の大事なオタ友二人が、ABC-Zにどハマりしています。


その二人が最近改めて「少年たち〜Jail in the Sky(2012)」のDVDをそれぞれの家で見ていて、「デビュー前のWESTもでてるよ〜貸そうか」と言ってくれたのですが、話聞いてたら「これ淳太好きなら買う価値あると思うよ」ってことだったので買っちゃいました。

f:id:osakay:20160831144039j:plain


エビが主役だけど、WESTの7人も位置付けとしてはエビとほぼ変わらない舞台で、わゎこれを見ずして今までWESTファンを名乗っててすみませんでした、って思うくらいWESTファンとしては見ごたえありました。


舞台そのものは、レベルの高い学芸会って感じだよ、って聞いてたのですが*1、なるほどね。ストーリーはまあどっかで何度も聞いたような少年院の子たちの話だし、歌も演技もそれぞれうまい子もそうでもない子もいるしね。


でも、ジャニーズ好きにはたまらないツボをすごくおさえてると思った。


いま、自分がエビ・WESTのメンバーをそれぞれなんとなくわかってるからかもしれないけど、何が素晴らしいって、元々の個性を活かした配役になってるのね。


少年院の子達を笑いをもってまとめようとするフミキュンのリーダーシップ。照史のとんがってるけど、最終的に相手を見捨てられないところ。シゲと淳太の柔らかさ。トッツーのちょっと変わっててピュアな感じ。とか。トッツーが印象に残るいい役ゲットしてるんだなーと思いました。他のみんなもすごくよく配役されてる。悪役だけど濵ちゃんの狂った看守も良かった。


あと間にちょくちょく挟んでくる芸っていうか小ネタっていうか笑いがジャニーズだよね。フミキュンと照史の漫才師コンビのとことか、素晴らしい!これがのちに少クラ司会コンビに…と思うと面白かった。この頃から息合ってたんだね。


それに、この頃ばどの二人揃ってビジュアルが素晴らしい!私好み♡照史は最近のテンプレより一回り顔細めだけど健康的な痩せ方*2。淳太はサルっぽくて良いわ。淳太この時期の髪型が個人的に一番好きだな。


何気に最後のshow time(歌歌うとこ)がすごく好きでしたが、やっぱ語らずにいられないのがシャワーのシーンですよね!


途中、上半身裸で出演者ほぼ総出で踊るシーンに続いて、えびの5人とハマちゃんノンちゃんを除くWESTの5人が裸で腰まわりだけすりガラスみたいので隠されて(当たり前だけど一応パンツは履いてます。足の長い流星と淳太はチラッとパンツのゴム部分見えた)、シャワーを浴びてるという設定のシーンになるんですが…。


すりガラスが、エロ本のモザイク部分にしか見えないんですけど。


シャワー浴びながらエビ対WEST(の前身)でお題(あいうえお作文)出し合って少クラ的なことやってるので、内容は全く健全ですが、客席にずっと動くモザイク付きヌード見せてるようなもんで、すごいな、よくやるな、と。そこが狙いなんだろうけど、あれ腰周り部分いやでも想像しちゃうよね。


しかもフミキュンとかごっちとか照史のいかにもbuild upしてない感じが逆にリアルでねーー。マッチョだとかえっていやらしい感じもしないと思うんだけど。


モザイクのあとの、ちょっと照明落ちて桶ダンスも、こんなことやってたのか…とやや衝撃。
ダンスって、桶持って大事なとこ隠しながら踊るあれですよ。
この回、成人してるメンバーも多かったけど、はっしー・流星・神ちゃんあたりはまだ未成年のときよね〜。
私にはあのシャワーと桶ダンスはどうしても「性を売ってる」ように見えてしまうんだよね。


私は「性を売る」っていうことが世の中に存在することは否定しないです。フーターズ*3だって全然いいと思うし、ストリップだってひとつの楽しみとして、存在するのはいいと思う。90年代に六本木あたりでパンイチの男性の筋肉ショーが流行ったりして*4、ああいうのも全然いいと思うけど、もし自分の子が未成年で「少年たち」のあのシーンやってたらやや複雑かな〜〜とちょっと思った。成人してたらそれもあなたの人生だから責任もってやりな、と思うと思うけど。(でも成人してても自分の息子の桶ダンスは恥ずかしくて見れないかもなーー)


ジャニーズってすごいね。


やっぱ根性ないとやれない!


歌って踊って演技するだけじゃなくて千何百人の前で桶ダンスですよ!


ちょっと良かったと思ったのが小瀧があのシャワー〜桶ダンスの10人に含まれてなかったことだ。息子が16歳とかであれやってたらママ反対するわ。高校の文化祭でやるなら全然いいけど。「少年たち」はあれでお金取ってるから。


☆☆☆


で、思い出したんだけど(ようやくここ)、関ジャニの「JUKE BOX」のライブを京セラに見に行ったときのことですよ!


私、その時は一人参戦であんまり予備知識入れずに行ったんですよね。その時期わりと嵐に比重かけてて、当たったら行くかぐらいの気持ちで、チケきたらビスタ席だったからお譲りすることもできずますます私が一人で行くしかない、ってなって。


どうやら今回のコンではふんどしが出てくるらしい、ということを小耳に挟んだぐらいの予備知識で行っちゃったら、まさかの大やけどですよ。


2グループに分かれてのユニット対決で亮マル信五の3人ユニットの「ビースト‼︎」、途中までスーツ姿でちょっとエロみのある踊りしてたのが…。


間奏で、何か起こるねこれは、という雰囲気になって…。


一気にスーツ脱ぎ捨てて、京セラドームの真ん中でふんどし一丁になる3人の男たち。


誰かに言われたわけでも罰ゲームでもなんでもなく、自らの意思でふんどし一丁になって自らの裸体をオタに提供してくれたわけです。


京セラ中悲鳴ですよね。


特にマルちゃん。この部分DVDのダイジェストに残ってると思うけど、私が入った公演マルちゃんなぜかテンションMAXで、バクステに移動したとき、ふんどしで逆立ち開脚してました。バクステ真上のビスタ席にいた私、そんなのマル担じゃなくても見てまうわーー。


でも彼ら、体鍛えてるから体自体に生々しいエロさは感じずむしろかっこいい!男らしい!って思ったけどね!


「ビースト‼︎」ってめちゃくちゃよくできた曲だと思うんですよー。
いまひとつ何をやってもダメな自分を変えたい、オトコになりたい、ってスーツを脱いでふんどししめなおす!気合を入れて、男になるぞ!っていうストーリー・コンセプトもしっかり成立してるし日本男児らしいし。
ってしかも、Beast!!(野獣)Beast!!って言ってると思ったら実はBe strong!って言ってるのがすごい。


ホントーによくできてて、あそこにふんどしは間違いなく必要だったと思われるが、あとで冷静になって考えたら、自らの案*5で白いふんどし*6一丁姿になり、4万7千人の視線を一気に浴びて、恍惚感を感じていた(と思われる。特にマル)彼らは控えめに言ってもど変態だと思った。


さらにツアー最終公演に、ビーストチームの盛り上がりが羨ましかったのか、もうひとつの狩チームのすばくらよこやすもふんどし姿で出てきて、その節操のなさが素晴らしく関ジャニだと思った。


え、あれもう3年前?懐かしいな。



おそらく、この記事で一番伝えたかったのは関ジャニはど変態だ、ってことです。(褒めてます)

話の着地点が…。


 

おわり。

あとでバトンやろ!


f:id:osakay:20160831144059j:plain

(ビフォーの方の姿。拾い画すみません)

*1:友人たち正直者なので。私もだけど。

*2:いや、それでも痩せてはいないか…。あ、あっくん誕生日おめでと!←軽い

*3:セクシーな格好のお姉さんたちが迎えてくれるスポーツバー。

*4:J Men'sだっけ?まだああいうのあるのかな。

*5:メイキング見たら、言い出しっぺは亮ちゃんなのね。

*6:公演によって色付きの時もあったらしい。