読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好き ただそれだけ

主にジャニーズWESTだけどジャニーズ全般大好き。

「外国語ができるジャニーズ」続き

1週間前に投稿した「外国語ができるジャニーズ」の記事に、ツイでリンクを貼ってくださった方がいらして、ここ数日間びっくりするようなPV数になっていました。軽く小規模大学の学生ぐらいの人数の方(わかりにくい?)には読んでいただいているのではないかと思うと恐縮です。

 

いったいどんな方が読んでくださっているのかと思い、ツイ界隈をチェックしてしまいましたが、思いのほか、山Pファンの方が多そうだった。
読んでくださった山Pファンの方から、コメントもいただき(前の記事で追記として少し触れてます)、まだ公式情報にはなっていないが、山Pはいま中国映画の撮影をしていて、マレーシアなどで撮影の目撃情報があり、英語と中国語で演技をしているのだとか。
あと、直接いただいたコメントではないですが、ツイで「66」も「キス英語」も結構前のこと。あの後も山Pは英語の勉強を続けてるし、昔はブロークンイングリッシュだったかもしれないけど文法の勉強だってしているから今はもっと上達している。というコメントを見かけました。


確かにそうですね〜!アップデート情報をよく調べず、書いてしまってすみませんでした。

と同時に、山Pってファンの方たちに本当に愛されてるんだなーと。ファンの方たちの大きな愛を感じました。そして山Pファンの方は、山Pに英語を使って活躍して欲しいという気持ちが強いのだろうなと思いました。それはおそらく単に「英語を喋る山Pが見たい」ということだけではなく、山Pがいま頑張っているから、その努力が報われて、英語を生かせる仕事をするという彼の希望が実現されて行くように応援したい、という気持ちも大きいのではないかと思います。*1
山P、たくさんのファンに愛されて幸せだねー!


先日書いた圭人、山P、淳太以外にも、外国語ができるジャニーズって結構いるようですね。
検索していたら「健人のスペイン語が上手」というのも結構でてきた。マリちゃんは、ドイツ語完璧そうだよね。というか日本語よりドイツ語の方が彼のファーストランゲージなのかな?今もドイツ人学校に行っているようだし。英語ちょっと聞いたことあるけど、英語もかなり上手そうだった。ドイツ語ができるのなら、英語はかなり簡単にマスターできると思うので、当然といえば当然だろうけど。

 

☆☆☆


さて、今回、みんな思った以上に「外国語ができるジャニーズ」に興味があるのだということにまず驚いた。

そしてやはり多くの人は「外国語ができるジャニーズ」=「かっこいい」という印象を持っていると思った。私もあのような記事を書いたぐらいである。やはり外国語が喋れないよりはしゃべれるジャニーズをかっこいいと思うときがある。

じゃあいったい「外国語がしゃべれるジャニーズ」のどこがかっこいいのか?「外国語がしゃべれるジャニーズのかっこよさ」について私なりに考えてみた。

 


☆自分の知らないスキルと知識があるところがかっこいい

これは、嫌味なようで書きにくいですが、私自身は今となっては自分が、ネイティヴのようではないけど日常生活に困らない程度には英語を使えるので「このジャニーズ英語できるんだ〜かっこいい♡」とは思わないです。発音よくてすごい、羨ましい、とかはすごく思うけど。


でも、やっぱ淳太が中国語ペラッペラと喋ってるの聞くと「いいな〜!」って思うんだよね!なんだろう、あのエキゾチックな感じ。デビュー前だと思うけど、淳太が台湾で取材した動画とか見て*2、台湾に溶け込んでる淳太を見たら、やっぱり純粋にカッコよかったです。
自分にはできないことだし、日本以外の土地を我が物にして歩いてる感じがかっこいい。それに自分がよく知らない言語や国の知識がある、ってそれだけでもかっこいいような感じがします。
だから、圭人や山ピー、マリちゃんがそれぞれ得意な外国語をしゃべってるっていうこと自体が純粋にかっこいい!って思う気持ちもよくわかる。

 

 

☆外国語を習得するに至った努力がかっこいい

山ピーとかはコレも大きいのではないかなと。今回、ツイその他で山ピーファンの方達が山Pの英語について語っているのを見たら「努力」というキーワードを入れてる方がすごく多かった。実際、高校の途中までは英語はあまり得意ではなかったようで、高校の同級生の城田優、それから元KAT-TUNで半年間アメリカ留学してた赤西くんの影響もあって自分から英語の勉強を始め、いまのレベルに至るまでに積極的にレッスンを受けたり外国人と喋ったり、すごい努力をしている…というのが私がこの数日で集めた情報です!
そういう努力がかっこいいと思う人も多いのでは?

 

それから、子供のときにたまたまそういう環境に置かれて外国語を習得した圭人や淳太みたいなケースも、それぞれ努力・苦労はしてると思うんだよね〜。マリちゃんの言語環境は今ひとつ把握できてないけどきっと彼もどこかで苦労してる。
私は高校まで普通の日本の学校に行ってたのだけど、大学に帰国子女とか高校での交換留学経験者がすごく多くて、そういう人たちが英語が上手なことについて「小さいときに自分の意思関係なくそういう環境に恵まれて、めちゃ羨ましい!!」「ずるい!」とさえと思ってた。けど、そういう人たちも複数カ国語使いになる過程で絶対悔しい思いとか辛い思いはしてると思うんだよね。

 

うちの息子は5歳の時に英語圏に住み始めて(それまでは日本でフツーのお寺の幼稚園)、移住時は日本語の方がずっと強くて英語のリスニングまあまあ、スピーキングほとんどできずの状態だったけど、小さいしわりとすぐ適応できてるなーと思ってた。でも1年ぐらい経った時に参観で学校に行ったら、やや込み入った内容の事がうまく友達に伝えられてなくて、息子がすっごい悔しそうに涙を堪えていたのを見てしまった。6歳の子でもやっぱり言葉で苦労するし頑張ってるんだ…って思ったら、こっちもなんか泣けたよね。
子供のそういう過程を経験したし、海外在住でいろんな駐在の家族の人たちと知り合って、みんなそれぞれ言葉で苦労してるんだと知って、私は子供のときに「親の都合」のおかげでバイリンガルになった人も「羨ましい」と思わずに「頑張ったんだね!」って思うようになった。

 

ジャニーズのバイリンガルトリリンガルの人たちも、みんなそれぞれカタチはちがっても努力をして外国語習得してるはずと思う。そして努力の過程と、頑張った末に身につけたものがあるのはやはりかっこいい。

 

 

☆外国語がしゃべれる人の堂々とした態度がかっこいい

「外国語のできるジャニーズ」に興味のある方でまだ見てない人はぜひ、ABC-Zの「ワーホリの旅」DVDを見てほしい。これ、えびの戸塚くんを見る目が変わると思う。
とっつーは“エビの中では”英語ができる方だ、ということで9日間のオーストラリアワーホリの旅の仕事探し役を任される。
でも別に元々「英語が得意」ってほどでもないから、初日の仕事探しはかなりボロボロ。でも、人によっては「わーー!」とか「もう嫌だ!」ってなりそうなところが、なかなかの落ち着きようで、知ってる単語を知ってる範囲で並べて、じっくりがんばって食い下がって、なんとかするんだよね。
そのあとも、淡々落ち着きじっくりの態度を崩さず、9日間で驚きの英語力の進歩を見せて、最終的には電話で結構普通に「仕事ありますかね?」って聞いて、この仕事は何人しか枠がないみたいだから、とりあえずキープで…とか作戦たててすごいの!
ほんと、あれ見たときは惚れた。
英語ができることにではなくて、とっつーの落ち着きっぷりと仕事できるっぷりに。

 

外国語ができる人って、その言語圏に行ったときとかネイティブの人と話すとき堂々としてるじゃないですか。あと、何か外国語ができる人っていうのは、自分が喋れない言語の言語圏に行った時も堂々としてる。それがかっこいいと思う。逆に、普段は偉そうだったりカッコつけてたりする人が、そういう状況に置かれたときにおちゃらけでごまかそうとしたり焦ってパニクってしまうのを見るとがっかりするというのはあると思う。
別に流暢じゃなくてもいいから堂々としててほしいよね!とっつーみたいに。その態度がかっこいいと思うよ。

 

☆☆☆


本当に偉そうに色々書いて何者だと思われそうなので簡単に書きますが、上にも書いたように、私自身は日本生まれ高校まで普通の日本の学校で、都内の大学で英語ではない外国語を専攻しました。新卒で働いた会社が外国語関係で英語を学ばざるを得ない状況になり、その後外国人と結婚して海外に住んだり、いまも少しは英語に関わる仕事してるし、すでに私の人生の半分以上外国語から離れられない生活です。


こんなに外国語に付きまとわれた生活をしているのに、やっぱり私の英語は完璧にはほど遠いし日本語なまりもあるし、大学のときに学んだ言語なんてほとんど忘れてる。
外国語ってもーほんとに奥が深いわと思う。

 

子供たちもハーフだから、できれば二人ともバイリンガルに育てたいけど、やっぱり1つ母語が確立してることは大事だしー、とか色々考える。本当に淳太ママにバイリンガル(トリリンガル)子育てについて聞いてみたいとか思っている。淳太は三ヶ国語いけるけど弟君はどういう状況なのか、とか。どうやってその状態に至ったのか、とか。


まあこんな感じで私もいろいろと外国語について勉強中ですが、今後もジャニーズと英語について考えることがあったら書かせてもらうかもしれません〜。


 

*1:直接いただいたコメントにもそのようなことが書いてありました。

*2:「恩師訪問」っていうのと「シルクドソレイユ」のを見た。多分両方とも今もググると出てくる。